20181106

一緒にいる男女を見て夫婦と憶測することについて

電車で街なかに出たらときときどき寄る自家製天然酵母のお気に入りのパン屋さんがある。相方と2人で行くことも多いが、1人で行くこともある。何回か通ううちに顔なじみになり、スモールトークもしてくれる。

20181030

名前を聞くことと、関係性を聞くことと、どちらが失礼か

パートタイムで会社に行きだして間もなかったころ、電話で相手の会社の人が自分の名前を名乗ってから、唐突に「失礼ですが?」と言うのでびっくりした。

全く失礼ではなさそうな早口でぶつっと切れる「失礼ですが?」。「なんのことだろう?」と面食らっていると、不機嫌そうに「失礼ですが、お名前は?(怒)」と言われ、「ああ、名前を聞きたかったのか」と理解した。

20181023

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸というのを数年前から耳にするようになった。

油はオーガニックのオリーブオイルやごま油など、なるべく自然なものだけを使うようになった後になってから、「トランス脂肪酸」のことを耳にするようになり、外食もほとんどしなくなったので、摂取している可能性は低く、あまりちゃんと調べていなかったが、家族やまわりの人が食べている可能性は高く、やはり気にはなっていた。

「トランス脂肪酸って名前からしてよくないものな気がするけど、なんでよくないのだろう?」と思っていたら、たまたま目にした自然食品のカタログにわかりやすく載っていて勉強になった。

20181016

責任や権利の範囲に関わる「筋を通す」について

前回の記事で書いた、筋が通っているか、通っていないかの話で取り上げた例の「筋」は、「誠意」とか「丁寧さ」とかにも言い換えられるケースだったが、責任や権利の範囲に関わるケースもある。

誰しも、自分の身体や時間、お金、労力、専門知識、所有物、権利などは、自分の自由意志に基づいて決定したいと思うものだと思うし、人権や個人の自由を尊重するためにも、そうしたほうがいいと思う。しかし、この範囲がわからなくなってごちゃごちゃになってしまう場合は多い。

20181009

筋が通っている・通っていないを判断する基準について

何をもって「筋が通っている」「筋が通っていない」と考えるかどうかというのは、難しい問題である。

筋が通らないことは嫌いだ。誰だってそうなのではないか。しかし、どこまでが筋が通っているのか・いないのか、という基準は人によって異なる。自分に対する基準と、他人に対する基準が異なる人もいる。自分に甘く、他人に厳しい人もいれば、他人に甘く、自分に厳しい人もいるし、流動的な人もいる。

先日、ある人と話していて、筋というのは、論理と配慮の両方から成り立っていると思った。その人のことは仮にAさんとする。

20181002

石けんシャンプーとの出会い―moonsoap(ムーンソープ)が大好き

一般的なシャンプーによく使われている鉱物(石油)由来の合成界面活性剤は、肌にも健康にも環境にも良くないということを知り、石鹸シャンプーを使うようになってたぶん7年ほどになる。今は一般的なシャンプーでも植物性を謳うものも増えたが、ラベル表示を確認すると、やはりよくわからない化学物質が入っているし、植物性といってもその原料の栽培で熱帯雨林を破壊している場合もあるので、なるべく信頼できるメーカーのものを使い続けている。

20180925

孤独について

よき理解者だと思っていた人が実はそうではなかったということに、気がついてしまったときほど悲しいことはない。私を理解してくれる人はどこにもいない。そんな孤独感に襲われる。でも、最近、自分は孤独な存在なんだということを受け入れたら、少し気持ちが楽になった。