20190226

羊に痛みを与えないノンミュールシングのウールを選びたい―「ミュールジング」とは?

大好きなフェアトレードブランドのピープルツリー。購読しているメールマガジンで、以前、気になる情報があった。
ピープルツリーのニットは、ニュージーランドのウールを使っています。
ニュージーランドでは、ヒツジにとって残酷な処置である「ミュールシング」が国の法律で禁止されているので、ノンミュールシング・ウールであることがきちんと保証できるからです。
ピープルツリー The Days 2018/10/31「ヒツジにもやさしい。着まわし優秀なシンプルニット」より)

20190219

インスタグラムをやらない理由

インスタグラムという写真を共有するSNSがある。登録しなくても閲覧だけはできるので、すきなお店や作家さんの情報を得るのに、たまにのぞいている。

最近では、臨時休業や営業時間の変更も、インスタグラムだけで伝えているお店も多いので、訪問の前にインスタグラムを確認するようになった。

他人から「どうしてやらないの?」と思われていそうだなあと察知してしまうこともよくある。登録すらせずに閲覧しているだけでも、自分には無理だなとすごく思う。

20190212

子を生むのは「ホーム」と呼べる空間を作ってからという考えにふれて

ここが「ホーム」だと思える空間を作るまでは、子を生むべきではないと思うという考え方を聞いて、なるほど、と思った。

私は落ち着かないところで育った。まず、近所の仲が悪い。常にうわさ話を探していて、回覧板を持ってくる近所の人も、野次馬根性を満たす情報か、食べ物をもらうまで帰らない。道具を盗んでいく人もいた。町内会の飲み会ではいざこざが絶えない。親からは、家の中にいても「外敵に気をつけろ。大きな声で話すな」とよく注意された。大人になって故郷を離れた今、故郷は好きだし、愛着もあるが、帰りたいと思う場所ではなくなってしまった(時間が経つにつれて、近所の人たちも変わっていき、今はだいぶましになったようだが)。

20190205

物事をありのままに捉えることの難しさ

物事をありのままに捉えようとはよく言われるが、たやすいことではない。そう思わされる出来事が続いた。