20140302

西のほうへ移住します

3月中旬に日本の西のほうへ移住します。

2004年に東京へ来て、早いもので10年が経とうとしています。秋田の自然豊かな環境から、この東京に来たときは、同級生の言葉を借りると「コンクリートジャングル」のこの都会を、とても好きになれませんでした。

でも、長く暮らすうちに、素敵な人たち、素敵なお店、たくさんの素晴らしい出会いに恵まれて、いざ離れる時が来てみると、大好きな人たちとちょくちょく会えなくなるのはとてもさみしいです。地理的に遠くなってしまうのは残念ですが、自分の生き方を見つめ直し、新しい場所で新しい暮らしを始めることにしました。

この地域にはそれまで行ったことがなかったので、その後、数回訪れました。山もあり、海もあり、小洒落たお店がけっこうあり、歴史も深く、人は穏やかで親切な人が多く、とてもすてきなところだと思いました。という話をすると、あえて負の側面を教えてくれる地元の方もいて、正直というか、いい人が多いなぁと思いました。

住む家を探しに行ったときには、ふらりと入ったお惣菜屋さんのお姉さん(仕事仲間にそっくりでびっくりした)まで、「このエリアは穏やかな人が多くて住みやすいですよ」と地図を持ってきてくれたり、どこへ行っても親身になってくださる方がいました。実際に家を見せてもらうときは本当にたくさんの優しい人たちのお世話になりました。

ありがたいことに、駅が近くて、田畑がついた古民家を借していただけることになり、移住することになりました。引っ越したら、まずは田んぼと畑をがんばります。あとは、非電化冷蔵庫を作ったり、PC用のソーラーシステムを組み立てたり。囲炉裏とかまどと石窯も作りたいし、コンポストトイレも作りたいし、山や寺社を探検にも行きたいし…やりたいことがいっぱいです。

東京に来るときには、みなさんとまたお会いできたらうれしいです。物理的にはあまり会えなくても、これからももっと交流できたらうれしいです。

※もっと読んでくださる方へ→西のほうへ移住します―追記