20180410

マウスで机が黒くなる?白いノートで解決

お気に入りの無垢の木の机。マウスを使うあたりに黒いつぶつぶのシミができている。強く水拭きすると落ちるのだが、しばらく気が付かずにいたところはやすりで削るしかなさそうだ。

昔一般的だった赤いライトで読み取るタイプのマウスではシミができなかったのだが、どうやらブルーのライトで読み取るタイプのマウスを使っていると、マウスを動かす部分に黒い点々ができるようだ。ほこりを吸着してしまうのか、何が黒くなっているのかはよくわからないが、マウスのところにしかできないので、マウスが原因らしいことは確か。マウスパッドを買おうかとも思ったけど、物を増やすのもどうかなぁと、思いとどまった。

机が黒くなるのは困るので、ひとまず、いつも使っている無地のノートをマウスパッド代わりにしてみたところ、解決策が見つかるまでひとまずのつもりが、この方法がいちばん良さそうだった。

一日使っただけで、ノートの白い紙の上でマウスを動かしている部分に黒いぽつぽつはできてしまう。黒いポツポツが濃くなりすぎるとマウスの読み取りに支障が出るが、ページをめくって新しいページにすれば、読み取りがしにくくなることは今のところない。ネットで調べていて気になったことや、思いついたことを書き留めることもできて便利だ。

白いノートはいつも、その日にやりたいことややるべきこと、思いついたこと、気になったことなど、なんでも書き留めている。OUR HOMEのEmiさんが提唱するマイノートを参考にして始めたもので、資料や商品説明の紙などのスクラップにもなっている。黒いポツポツがあっても、文字を書くとあまり目立たないし、濃いときは資料を貼ってしまえば見えなくなる。

マウスの汚れ防止にもMYノートが活躍してくれるとは。すぐに物を買いに走る前に、頭を使って今あるものを活用してみるのも大事だと思った。同時に、黒いつぶつぶのシミができないマウスが一般的になってほしいとも思う。

)関連記事
20180227 プラスチックフリーを目指すとともに
20170511 豊かさは知恵と考え方から