20160908

うちの相方はおもしろい

先日、うちの相方がおもしろいという話をちらっと書きましたが、本当にテレビもゲームもいらないくらいおもしろいです。外では澄ましていますが、とにかく笑かしてくれます。

先日は、ようやく涼しくなってきて、夕方田んぼの草刈りに行き、私は家でおやつにわらび餅を作って待っていました。帰ってくると相方は息を切らしながら、今日の報告をしてくれました。

相方: 水分補給にトマト食べたら
tom-tom: うん
相方: 馬力出て
tom-tom: うん
相方: 田んぼの草刈りほとんど終わった!
tom-tom: ほうー。すごいやん!

…と普通に流してしまいそうになりましたが、ふと考えてみると、

tom-tom: ん? これ、全部つなげるとちょっとすごい文章でない?
『水分補給にトマト食べたら馬力出て、田んぼの草刈りほとんど終わった!』だよ? 
こんな文章すらすらと口から出てくる人そんなにいないよね? さすがブロガーや。

と二人で爆笑。きなこを喉につまらせそうになりました。

同じ日、夕飯に使う青じそをとりに庭に出たら、ミニトマトが赤くなっていたので摘んできました。その日は二人でベジ餃子を包んでいたのですが、「これに包む?」とすでに具が余りそうなくらいあるのに、相方はミニトマトを餃子の中に入れようとしました。

tom-tom: いや、具余りそうやで
相方: じゃあ空いてるとこで炒める?
tom-tom: なんで? せっかく生でもおいしいのに?

それ以上何も言わないので、生で出したところ、相方は手をつけようとせず、「もういっぱい食べたから、tom-tom全部どうぞ!」と、毒でも入っているのかと思うほど遠慮します。不審に思い、「何個くらい食べたの?」と聞くと…。

「50個くらい。いや、50個できかんか。7、80個は食べた!」

それは、もうトマトが食べたくないわけだ、と納得しました。水分補給にってそんなに食べたのか! そりゃあ馬力出るわぁ~と思いました。

このトマトは、種をまいていないのに、生ゴミを堆肥化している途中の場所から自然に生えたミニトマトで、大木になっていて、7、80個くらい食べても次々実をつけてくれます。こんなに食いしん坊で、しかも、生命力のある食べ物となると、やっぱり自給自足でなければ追いつきません…。

)関連記事