20160619

草刈りをしていたら野生のニラに遭遇

初夏の庭は草が元氣。涼しい早朝など折を見て少しずつ草刈りをしないと、ちょっと油断しているうちに家庭菜園に続く道が閉ざされてしまいます。

ある朝、せっせと草を刈っていたら、なんだかニラの香りがする。「うん?なんで??」と手もとにあった一握りの草の束をかいでみると、やっぱりニラくさい。よくよく見てみると、ありました!

笹のなかに紛れるニラ
エノコログサやカモジグサなどの笹っ葉系の似ている草さんたちとは、香りが違うのですぐに見分けられました。

野生のニラを収穫
大家さんたちがこの家に暮らしていた15年ほど前に植えていたものかもしれません。毎年草の中でも自然発芽して増えて、育っていてくれたようです。早速ニラ玉にしていただきました。栽培種と違って甘みはそんなにないのですが、ニラの香りがものすごく強くて、ぎょうざやチヂミにしてもおいしそうだなーと思いました。

家で朝一のヨガをしていた相方を呼ぶと、カメラを持ってきて、ほかのたくましい野菜たちと一緒に、ブログ記事にしていました。
珍妙雑記帖 2016/06/04:野菜は草の中で勝手に育つもの。空き地に種を蒔いたなら…