20160628

選挙序盤で感じたこと徒然。この感じ、テスト前に似てる。

選挙です!7/10は参議院選挙の投票日。6/23から期日前投票も始まっています。

勉強、勉強。SEALDs postより
町から届いた投票の案内のハガキに期日前投票の場所が一言も書かれていなくて、小さい町だから「もしかしてないのか?」と思ったのですが、検索してみたら、自治体のウェブサイトに書いてありました。調べてみるもんだなと思いました。

facebookが苦手なtom-tomですが、「今回ばかりはやべえらしい」(by 三宅洋平さん)ということで、がんばっていろいろシェアしたり、投稿したりしてます。虚空に叫んでいるような感じがしますが、誰かの心に届いて、気がついてくれる人を少しでも増やせたらいいな、という想いでがんばってみています。こんなふうに、自分に負荷がかかるけど、ちょっとがんばる、そういうときも必要なんじゃないかなと思います。ずっとだと折れちゃうかもしれないけど。

tom-tomの住んでいる香川県でも、特に一番都会の高松市の中心部などで、「選挙へ行こうよ!モブ」など、新しいいろいろな動き、選挙へ行こうの呼びかけなどが行なわれています。世の中のことに目を向ける人が特に若い人の間でも増えてきて、いい方向に変わってきているように感じます。

選挙の期間は、なんだか、学校の試験前に似ているなぁと思います。選挙じゃないときは、予習復習のような普段の勉強で、選挙になったら、全力でいい答えを出して、投票箱に入れたいので、知らなかったことや、攻撃くらったことなんかを、またじっくり調べて考えを深める。今回の選挙、もうすぐ中盤に差し掛かりますが、また多くのことを急速に学んでいます。

知っていることが増えると、世の中のこと、政治のこと、世界のことがもっともっとおもしろくなってきます。わかることが増えると、同じ情報でも見え方が全然違う。私はスポーツは全然わからないのですが、わかったらたぶん、テレビにかじりついて観戦するのかもしれません。それと似ているのかなと思います。ただ、政治や社会のことの場合は、見ているだけではなくて、自分が実際に行動を起こすことで、いい方向にも悪い方向にも、影響を与えられるというのが違うところ。

ロールプレイングゲームは、架空の世界だし、他人が決めた選択肢を選んで進んでいくだけだけど、選挙はリアル。自分で決めた選択肢、やり方、スタイルで、だれに投票するか、何を買うか、何を話すか、どんな働きかけをするかで、ストーリーを変えていける。そしてそれは、自分だけでなくて、多くの他の人たちに、そして、次の世代にも影響を与える。架空の世界より、現実の世界に参加して動かしていく。それが選挙。

大学生の頃は、そんな重い責任、何もわからない自分が負えないよ、と思って、投票に行っていませんでした。勉強してから、もうちょっとよくわかってから、と先延ばしにしていました。でも、投票に行かない、棄権する、白紙で出す、ふざけて泡沫候補に投票するというのは、結局、組織票で勝てる政党(既得権益を守りたい人たちが支持している政党)を利することになるということを今は理解しているので、バカだったなぁと思います。そういうの、ちゃんと学校で教えてほしいです。

それから、今回は前回よりもちょっと、応援がんばっています。候補者の人にも何度かお会いしているのですが、感覚的には友だちみたいに身近に感じられてきて、この人が国会に行ったら山本太郎さんと三宅洋平さんの仲間になるんだなぁとか、答弁しているところ見てみたいなぁとか、ふと気づくと、わくわくして想像している自分がいます。友だちみたいになんでも語り合える人が国会の中にいてくれるっていうこともあるんだよなぁ。

私なんかよりもずっとたくさんサポートしている市民の人たちがいっぱいいて、ボランティアで時間を使って応援しています。選挙運動をサポートしているみんながいて、こういう人たちがこんなにいたら、国会に行って、この人たちを裏切るようなことは絶対できないだろうなって、見ていて思います。

ガリガリ君事件(昨日の最近読んだ記事を参照)もありましたが、税金で贅沢三昧したり、人の命を大切にしない政治をしたり、政治でわるいことをしてしまう政治家は、きっと、お金のつながりだけで来てしまっているから、お金のためなら平気でわるいこともするんだと思います。市民が選挙運動や政治活動にがっつり関わって、応援していたら、そういう人たちの恩を仇で返すようなことはできないものだと思います。人の絆が政治の腐敗を防ぐ。普通の人が政治に関心を持ってかかわりを深めていくというのは、そういう意味合いもあるなぁというのを、今回の選挙で学んでいるところです。