20150721

レモン色の黄身

【旧暦水無月六日 小暑 蓮始開(はすはじめてひらく)】

お隣さんが誘ってくれて、ひと月ほど前から、自然派生協の協同購入に便乗させてもらっています。

ポストハーベストフリー(収穫後に農薬を使っていない)の非遺伝子組み換え飼料を食べさせている放し飼いの鶏さんの卵をお願いしたら、綾川町の隣の町のまんのう町で無農薬栽培の野菜を与えて育てている放し飼いの鶏さんの卵が届きました。



まず、殻が固くて驚き、割ってみたら黄身の色が淡いレモン色で再び驚きました。近所のスーパーで買える平飼いの鶏の卵と、こちらの卵と1つずつ、目玉焼きにして味を比べてみたら、比べたらきっとほとんどの人がわかる!と思うくらい、臭みがまったくありませんでした。やっぱりエサは重要、自分も食べるものは重要だと改めて思いました。

かつて東京時代に生協は利用したことがあったのですが、ネットスーパーと変わらないよな~という感じでやめてしまい、自然派生協もそれと同じようなものかと侮っていました(すいません)。このすごい卵のほかにも山地酪農の牛乳や三河有機みりん、石川県産有機大豆の納豆など、これはすごい、と思うものが結構載っていてびっくりしました。

自然派生協は、放射能検査もしてくれています。検査結果がネット上でも見られるようになっていて、カタログと一緒に表も入ってくるので、水産品など、特に心配なものもチェックしてから買えるので比較的安心です。

自然派生協しこく:http://www.shizenha.ne.jp/shikoku/