20150712

豆乳ヨーグルト、続いてます

【旧暦皐月廿七日 小暑 温風至(あつかぜいたる)】

豆乳を継ぎ足し、継ぎ足しして、麻炭豆乳ヨーグルト、続いています。


発酵の菌が元気過ぎて、凝固したヨーグルトが分離して浮きます。水分(ホエーというらしい)を抜いて、小麦粉と混ぜ、こねる時間があるときはパンに、ないときはパンケーキにしています。甘みと酸味の絶妙なしっとりもちもちパンになります。

発酵が進みすぎて、チーズみたいに表面にふわふわの白かびっぽいものが生えていたときがありました。ちょっと生で食べるのはこわいかな?と思ったので、火を入れて食べてみました。お豆腐みたいで、お腹も痛くなりませんでした。豆腐って「腐」って書くくらいだから、にがりで作る技法ができる前はこれだったんじゃないか?と思うくらい、まさにお豆腐でした。そのときの水分は、スープにしたのですが、酸辣湯みたいな味で美味しかったです。

冷蔵庫がない暮らしだと発酵に頼らざるを得ないので、発酵とものすごく仲良しになれている気がします。