20150520

ちくちく



手縫いのいいところは、ちょっとした時間に進められること。スープが沸くのを待ちながら、約束のあった電話が来るのを待ちながら、ちょっとだけちくちく。

たまったハギレをちょこちょこ縫っていたら、いつの間にか結構な大きさになっていた2枚の布。縫い合わせたら、鍋つかみになりました。

中に詰めたのは、アクセサリーを編んでいて余った麻糸の切れ端や、細かすぎてパッチワークにもできない布など。捨てることなく全部大事に使い切れるとちょっとうれしい。詰め物が寄らないように、ハイビスカス染めの刺繍糸でランニング・ステッチをかけました。

--small and tiny pieces of leftover clothes got a pot holder ;)