20141216

ありがとう

【旧暦神在月廿五日 月齢 23.6 大雪 熊蟄穴(くまあなにこもる)】

こんなに心のこもっていない「ありがとう」を初めて聞いた。

店員さんがときどき、「どけよ」の代わりに「いらっしゃいませ」と言う。
あれも悲しい響きだけど、
「用済みだ、失せろ」の代わりの「ありがとう」のほうが
ずっとずっと恐ろしい響きを持っていた。

人間にはすごい感覚が宿っていると思った。
ありがたいとは思っていない「ありがとう」から
相手の本心をキャッチしてしまう。

私も傷ついたけど、この言葉を放ったあの人は
もっと傷ついているんだろう。
仕事に心を奪われて人間本来の感覚を失っているのかもしれない。

そんな仕事はしたくないと思ったし、
そんな「ありがとう」を言って澄ました顔をして
人間性を下げるくらいなら、
きちんと言いたいことを言ってケンカしたほうがマシだと思った。
どんなことにも学びはある。

陰で何を言われているかもわからない。
いろいろな悪口を想像してしまうけど、
自分のことは自分がよくわかっている。
わかってくれる人もいる。
私を見ずに、だれかの言うことで私を判断する人もいるけれど、
いずれわかるときが来る。
だから気にすることはないのだと思う。

本当のありがとうを言える日があの人に来ますように。