20141028

バジルがたくさん

【旧暦閏月五日 月齢 4.2 霜降 霎時施こさめときどきふる

お米やさんにお米を買いに行ったら、たくさんのバジルをいただきました。

花が咲き始めていることもあって、すごく香りの強いバジルで、お店の中がバジルの香りでいっぱいになっていました。常連さんからのいただきものだそうで、こんなに食べきれないから、良かったら食べてもらえると助かる、と分けてくださいました。

冗談で「食べきれんかったら川にほってもええでー」とおっしゃるほどの大量のバジル。さて、どうしようかな。

冷蔵庫なしの生活を始めて半年が過ぎ、保存の仕方がだいたいわかるようになってきました。まだ試行錯誤のさなかですが(^^; 干すか、漬けるかのいずれかです。

一部はジェノベーゼにしようと思ったのですが、ナッツ類を切らしていて作れず・・・。ネットで調べたら、フランスのプロヴァンス地方のピストーというソースなら、家にあるもので作れそうでした。ピストーは、にんにくと塩とオリーブオイルを混ぜたバジルソースだそうです。

ミキサーがあると簡単にできるらしいのですが、どこにしまったか行方不明で、すり鉢を使いました。大きなすり鉢は引っ越しのときに割れて届いてしまい、金継ぎもまだなので、やむなく、小さなすり鉢で何回かに分けてスリスリ。半日かかってしまいましたが、こうして時間を贅沢にかけられるのもダウンシフトな暮らしならではかも。なめらかで香りの良いピストーになりました。じゃがいもを和えたり、フランスパンに塗ったりして食べるのが楽しみです。

茎から外して洗って水気を切り、
ひたすら刻む
すり鉢ですりつぶして
にんにくのすりおろしと
塩とオリーブオイルを加えて混ぜる
冷蔵庫がないので
オリーブオイルで蓋をして空気を遮断
手が疲れたので(笑)、残りは陰干ししてドライバジルにすることにしました。


乾いたら細かくしてバジルソルトにする予定です。いただきものがおいしいごちそうに変身。これだから、手を動かすのはおもしろいんだな~。