20140928

いるかカード

【旧暦長月五日 月齢 3.9 秋分 蟄虫培戸(むしかくれてとをふさぐ

いるかは、東京で言えばSuicaやPASMOのようなICカードで、ことでんの電車とバスで使える電子マネーです。

今までずっと切符を買っていたのですが、片原町の素敵なうつわやさんで、ことでん沿いに住んでいて車なしの暮らしをしていると話したら、「いるかは持ってますか? まだだったら早く持ったほうがいいですよ。乗れば乗るほど割引してくれるカードなの。全国初みたいですよ」とお店の人が親切に教えてくれました。駅員さん〜、なんでもっと早く教えてくれなかったの〜。

初めて作るときは2000円必要でした。500円はデポジットで、残りの1500円がチャージされます。

車なし生活だと電車に結構乗るので、値引きはとても助かります。駅員さんに切符を切ってもらうシャキンという音や、降りる時に切符を手渡すささやかなコミュニケーションがなくなるのは風情がなく、さみしくなりますが、いるかを持ったら、ようやく香川県民に仲間入りしたような感じがしました。

ことでんの綾川のラッピング車両