20140808

おむすびやさん

【旧暦文月十三日 月齢 12.2 立秋 涼風至(すずかぜいたる)】

毎晩おむすびに
初・冷蔵庫なし生活の夏、ご飯は夜に炊いて、残りは塩をよくきかせたおむすびにしています。相方が寝る前のヨガを始める頃、私はおむすびやさんになります。翌朝と昼までは、今のところ、全然大丈夫みたいです。たまに、昼は味が少し変わっているときがありますが、焼おにぎりにしたり、熱いスープをかけたりすれば復活します。

瀬戸の早どれ海苔を巻いて食べるとそれはそれはおいしくて。毎日食べても飽きないのが不思議です。やっぱりソウルフードなのかも。お米がおいしすぎて、だんだん食べる量が増え、近所のお米屋さんに「結構食べるのね〜!」と驚かれるくらいになってきました。

3食お米になったので、毎日二人で3.5合くらい食べます。月にしたら15kgくらい? 有機栽培のお米なので、一般的なものよりはちょっと高いですが、それでも1日あたり一人150円くらいで、一食あたりだと一人50円くらいでした。なんとなく高い気がしていたのですが、きちんと計算してみたら、カップラーメンやハンバーガーより断然安くて健康的!と思いました。

毎晩10個くらいおむすびを握っていたら、上達してきて、「毎晩続けてたらおむすびやさんできそうやなぁ!」と相方。塩をまぶすと表面がぴかっとして山型がビシッとしまり、魔法のようです。豆を入れて炊いた玄米の塩むすびしかまだ作っていませんが、おむすびやさんするなら具も考えないと。それも楽しそうです(´∀`)