20140812

ご当地野菜

【旧暦文月十七日 月齢 16.2 立秋 寒蝉鳴(ひぐらしなく)


三豊ナス
トゲが痛い!でも新鮮な証拠
食べてみたかった香川の在来種のおなすさん・三豊ナスを高松の自然食品店ちろりん村さんで発見。ジュースを見ていた相方を「食べたがってたのあったよ!」と呼んではしゃいでいたらお店の人もうれしそうに見えました。

早速焼いて塩だけでいただいてみました。生きのいいお魚みたいにフライパンの上でぷくぷく動いていて、すごいナスの予感がしました。塩だけで充分なくらい深い味のナスでした。すりゴマとお醤油でもおいしかったです。

水なすの仲間で皮が柔らかくて流通には適さなかったそうですが、おいしくて口コミで広まっていると新聞で読みました。香川の農家の人が昭和初期に朝鮮半島から持ち帰って栽培を始めたのが始まりとも言われているそうです。

*詳しくはコチラ→三豊なす研究会