20140612

誰も見なくても

庭の片隅に発砲スチロールに入ったニラみたいな草。なんだろうなぁ〜、発砲スチロールがぼろぼろになる前に撤去しないとなぁ〜、と思っていたのですが、ふと見たら花が咲いていました。


ここは10年以上誰も住んでいなかった家。誰も見なくてもここで毎年咲いていたんだなぁ。水やりしなくても生き延びてきたということは、発砲スチロールを突き破って根を張っているのかもしれません。

誰にも見られなくても、逞しく生き、毎年のサイクルを繰り返して、立派な花を咲かせてきた見知らぬ草。なんだか生き方を教わったような気がしました。