20140622

すてきな偶然

先日、仏生山温泉に行ったら、すてきな偶然がありました。

用事を済ませてから相方と合流する約束をしていて、先に相方は仏生山温泉に行き、ガラス張りの縁側の椅子で待っていました。

用事を済ませてから仏生山温泉に着き、駐車スペースから施設内を見ると、ガラス越しに難しい顔をして本を読む相方が見え、その横のベンチに同じ体勢で本を読む男性が見えました。

どこかで会ったような、と思っていたら、古民家の改装や火のある暮らしを実践するために、東京に住んでいた頃から参考にさせてもらっている本を書かれた方でした(本に写真が載っているのでお顔を知っていたんですね)。

ちょうと前日の夜にも、相方はその本を熱心に読んで、引き戸の直し方や囲炉裏について研究していたところで、すごい偶然だなぁと思いました。そっくりの姿勢で隣どおしに座り、本を読む二人を見て、数年後にはその方のようになるのだろうか、と思ったり。

隣どおしに掛けていたので、もしかしたら少し会話をしたのかなぁと思っていたら、相方は全く気がついていなくて(笑)。ちょうど私が入り口から入るときにお帰りになり、相方は私にこっそり聞いて、後ろ姿だけ見えたようでした。

高松ですてきな偶然でした。またお会いできるといいなぁ。