20140620

梅を漬けました

改装と田畑でやることたくさんで、今年は無理だなぁと思っていた梅仕事。

雨が降る前日に、近所の産直で無農薬の梅が1キロ300円で売られていました。なんてナイスなタイミング。

庭でほったらかしで育ちましたという感じがする梅ちゃんたち。「斑点がありますが無害です、農薬使っていません」というメモが入っていました。豊後梅という品種で実家の梅と同じ品種でした。これも何かの縁だと思い、3キロ漬けてみることにしました。

塩も同じ日に、イタリアの島で天日乾燥された粗塩を近所で見つけることができました。

しとしと降る雨の日、洗って、へたをとって、竹布のふきんで水気をよく拭いて、塩をまぶしてカメに並べ、塩をまんべんなくふりかけて…と準備は着々と進みました。

水分を拭いているところ。斑点もかわいい。
が、しかし、重石がなかったのです(>_<)本には重量の二倍くらいの重石を載せると書かれています。去年は2キロ漬けて、梅干しの前に2本漬けてあった梅酒の瓶がちょうど重量の二倍くらいで代用できたのですが、今年は3キロ。梅酒は1本飲んでしまったし、6キロの重さがあるものはあるかなぁ、と家中を大捜索です。

それで、こうなりました。

うちで一番重いもの=辞書タワー
数時間後、案の定倒れたっ。。。見てみると少し沈んでいて梅酢が上がってきたようだったので、倒れない程度に辞書を減らして2日おきました。

2日後、無事に梅が被るくらいまで梅酢があがったのでひと安心です。杏のような甘い香りがしました。辞書を全部戻して、あとは赤紫蘇が育つまで待ちます。土用干しも楽しみです。