20140508

引き寄せの法則についてわかりやすい本&ブログ(*2016/3/20 追記あり)

身近で少し前からよく耳にするようになった「引き寄せの法則」。

「思い描いたことを現実に引き寄せるということ?」くらいの理解だったので、もやもやっとしているところもあり、もっと知りたいなーと思っていたら、とてもわかりやすく書かれているブログを知ることができました↓

『「引き寄せ」の教科書』著者ブログ 
人生は思い通り 人生を変える、具体的な方法
http://ameblo.jp/everything-is-all-right/

東京でいつもお世話になっていた美容師さんがふと懐かしくなり、美容師さんのブログにアクセスしたら、ちょうどこちらの書籍とブログを紹介されている投稿でした。これも引き寄せだったのかもしれません。いくつか、今の私がちょうど必要としていることが書かれていて心が軽くなってきました。

実は、秋田生まれの私はここのところ、東京から移住した香川でのカルチャーショックにちょっとホームシック気味になっていました。突然感情を爆発させる年配男性を立て続けに見たりとか、「秋田の人だったらまず聞かないし、そんな聞き方しないよね?」というような質問をずけずけ聞かれたりとか、虫が秋田のより大きかったりとか、急な負荷の連続に心が筋肉痛なのに癒える前にまた降り掛かってくるみたな感じの繰り返しでちょっと参っていたんですが、「不愉快な出来事や人に出会ったら」「「他人は自分の鏡」なのか?」、「抵抗を減らす、抵抗を手放す」などを読んだらだいぶ楽になりました。

だれかが草刈後の畦道で残っていた四つ葉のクローバー
*2016/3/20 追記:

その後、「引き寄せの法則」について勉強をしていくうちに、ご紹介したブログと本には、原典とは「ちょっとずれているかも?」と、私はひっかかりを感じるところが出てきました。個人レベルの引き寄せに関してはあまり問題がないのですが、戦争や貧困など社会全体のことになると、ちょっと「うーんそうかなあ。。」と暗い気持ちになる記述が増えてきます。(あくまでも、私は、ですが。)

…というわけで、解説本を読んだほうが早いだろうと思ったものの、結局は原典を引くことになりましたので、やっぱり原典を当たるほうが結局はムダがありませんでした…。私はまだ原典をさらっとしか読めていないのですが、分厚い原典を4冊(1冊は和訳、3冊は原文で)読んだ相方が夢中になっていたときに、内容を詳しく聞かせてくれたので、だいたい把握しました。また時間のあるときにじっくりと咀しゃくしながら読みたいとは思っていますが…。これまでに私が引き寄せの法則関連で書いた記事は以下の通りです。

20160312 悲劇は自分が引き寄せたもの?魂の選択?そんなわけないよ!の話。
20151124 スピリチュアルボケ
20151101 寿命なんて思い込みかもの巻
20150908 脳内変換

◎原典はこちらです。
The Law of Attraction: The Basics of the Teachings of Abraham

日本語版は以下です。
引き寄せの法則 エイブラハムとの対話