20140531

庭の花

表の庭に、星のような花がたくさん咲いています。私たちより前からいた花で、名前はわかりません。何も植えなくてもかわいい花がたくさん咲いていて、背の高い草を刈ってあげるとよく見えるようになりました。


ムカデ事件の後、家のまわりを点検していたら、相方が裏庭に大きな落とし穴のようなものを発見しました。土と落ち葉を被った波トタンとシートをめくると、大きな深い穴の中に、いろいろなゴミがたくさん埋まっていました。ムカデが結構いたということで、ここも原因だったのかもしれません。ゴミを全部掘り出して、土を入れて平らにしていきます。思いがけない大工事になりました(^^; 大家さんは家の中の掃除はきれいにやってくださったので、こんなところにゴミが埋まっていたなんて知らなかったのだと思います。

落とし穴はまるで、昔話の花咲じいさんの中で、いじわる爺さんが「ここ掘れワンワン」と言われて土を掘った場面を彷彿とさせる光景で、ゴミと気味の悪い虫がいっぱい出てきた絵本の絵のようでした。

何年も空き家にしていても、家を貸したがらない人が多い、という話をよく聞きます。建て前の理由しか言わないもので本当のところは変な人に貸したくないからとよく情報誌などに書かれてますが、人に貸すとなると、物の処分や掃除が大変という事情もあるのかもしれません。

こういう空き家は、そのままではガッツのある人にしか需要はないと思いますが(私だって相方がいなかったら無理です…)、田舎暮らしに関心が高まっている今、改装すればもっと需要が生まれると思います。ビジネスとしてリノベーションして、田舎暮らしをしたい人たちとマッチングするのは、空き家の火事や倒壊などの問題と過疎化の問題を同時に解決できて良い仕事だと思いました。

私たちの貸してもらっている家は、掃除をして一部を直せば快適に住めそうな家です。柱も梁も立派な木で、調湿効果のある土壁も今時貴重です。新しい家を建てるよりも、すでにある家を直したほうがお金もかからないし、化学物質だらけの新築住宅より身体にもいいし、使う資源も少なくて済みます。空き家バンク制度にR不動産のようなビジネスを組み込んだら、もっといい仕組みができるんじゃないかなぁと思いました。

ゴミの山を見ながら、そんなことを考えました。