20131104

香川旅行

香川県に旅行に行ってきました。すてきな人々との出会いがあり、うるるん滞在記みたいな旅になりました。

一日目は自転車を借りて高松市内をうろちょろしました。自転車は6時間以内は100円で借りることができます。毎週日曜日に開催されているさぬきマルシェも覗いてきました。すぐそばが海になっていて、島もきれいに見えました。旅行前から気になっていた、まちのシューレ963というおしゃれなお店にも行きました。高松の商店街は広くてきれいでとてもおしゃれでした。秋田の商店街にもこのくらいの活気が戻ってきたら楽しいなぁと思います。高松では、東京で買っているようなものはほとんど見つかるのに、東京ほどは混雑していなくて、ほどよい都会という感じで、街で会った人たちも暮らしやすいですよ~と言っていました。

二日目は、電車を使ったので広範囲をすいすい移動できました。ことでんは一日パスを買うと1200円で乗り降り自由です。思いつきで、丸亀に行くことにしてJRに乗ったら、ちょっと気持ちの悪いラッピング電車に当ってしまいました。顔色の悪い洋風の人形と毒々しい色の花がいっぱい並んだ写真で覆われた電車です。後ろの席の人がずっと拳をボキボキ鳴らしていたり、ちょっと目がおかしくなった感じの人が乗り込んできたり、他の電車ではなかったようなことが起こり、目から入るものの影響を考えさせられました。途中でアンパンマン電車ともすれ違って、あっちのほうがよかったのになぁ、と思いました。

丸亀は威勢の良い町という印象を受けました。お年寄りが元気で、商店街の中に古民家を改装したようなアート系のデイサービスがあって、ウキウキして集まっていくお年寄りと何人かすれ違いました。丸亀城の横の、こいこいうどんといううどん屋さんがおいしかったです。鮮魚店ではお魚がとても安くて、例えば「せ」というお魚をまるごと1匹焼いたものは100円でした。「せ」はスズキの小さいのだそうです。

トランジションタウンがある綾川町を見たかったので、丸亀から綾川まで行ってみることにしました。丸亀からは、コミュニティバスが走っていて、200円でことでんの栗熊という駅まで行くことができました。山がきれいに見えて、すごくいいコースを走るバスでした。バスでいっしょになった元気なおじさんがことでんでも方向がいっしょで、親切にいろいろと教えてくれました。道の駅滝の宮というところに寄って、さんのマクロビのお弁当を晩御飯用にいただいてきました(野菜たっぷりでデザートもついてとてもおいしかったです!)。

ことでん滝宮から宿のある志度まで行く途中に、春日水神市場の最寄り駅があったので寄ってみることにしました。春日水神市場は東京在住の香川県出身の方に教えていただいて気になっていた食糧品店です。結構お客さんが入っていて、香川県の人たちは意識が高いなぁと思いました。一部慣行栽培や減農薬のものも取り扱っていて、お客さんのニーズに答えつつ、環境と身体に優しい商品を提案している感じがして、スムーズな移行につながりそうでいいなぁと思いました。農薬と化学肥料の使用の有無がしっかり明示されていて、生産者さんのストーリーも紹介されていました。廃材天国さんの玄米コーヒーを発見して歓声を上げてしまいました。おもしろいものがいっぱいでパラダイスのようでした。

三日目からは会いたかった人々に会いに行き、とても親切にしていただいて、また、大切なことをいっぱい教えてもらいました。天然素材のおうちで、薪で煮炊きをして暖をとり、自然栽培の畑と田んぼがあって、まわりの人々と仲良く笑って暮らし…、みたいに思い描いていた暮らしをすでにしている人々がたくさんいて、夢じゃないんだなぁ、私も早くそういう生活に入りたいなぁと思いました。

東京に暮らしていると、時間も場所もぎゅうぎゅうで、それが当たり前という感覚になってくるけれど、ちょっと外に出てみると、広々した場所でゆったりとした時間の流れがあり、あのキツキツの生活が常識なのは東京だけなんだなぁ、と思いました。

東京では大急ぎで何をしているかといえば、ほとんどが消費です。燃料を使い、食べ物を買って食べ、生活に必要なものは全部買って暮らしています。エネルギーを使って儲けのために必要以上に物を作る工場やビルが立ち並ぶコンクリートジャングル。国内で需要がなければ海外に無理矢理需要を作りに行き、あとはゴミとなるばかり。ゴミを処理するにもまたエネルギーを食う。大地を汚す。空気を汚す。

一方、地方では、みんなゆったりと暮らしていて、やっていることはほとんどが生産です。生きていくために必要な食べ物を生み出す田畑がたくさんあり、海の恵みもあり、住居や煮炊きに必要な木材が育つ山がありました。田畑と山はあるだけできれいな空気を生んでいます。山はそれに加えて、そこにあるだけできれいな水も育んでいます。それが地方では普通なんだなぁと改めて実感しました。

大切なことをたくさん実感した旅になりました。