20130121

貧乏耳

Tの耳たぶは薄くて小さい。

「お金の貯まらなそうな耳やね。」
「だからピアスはあけやんかったんよ。 これ以上面積狭なったら、ますます貧乏になりそうやろ。」
「ピアスらて、あけやんでええよ。おそろしわ。」

「そやけど昔、ずいぶんピアスはやったやろー。 うちのお母さんもあけたんやけどね、ピアスあけて次の日に交通事故して。 『ピアスあけたら人生変わるってよう言うたもんやなぁ』ってびっくりしてたわ。 入院してる間に穴、ふさがってもたんやけどね、 『またあけるかい?』ってきいたら、 『いや、もう怖いからやめとく』って言うてたわ。」
「そら、もうあけやんほうがええわ。」
「また人生変わってもたらエライことやで。ええほうに変わってくれたらええけどなぁ。」

「怖いわなぁ、耳に穴開けるんやで。」
「高校のとき、ライターで安全ピン消毒してって子もおったわ。たいていはピアッサーでバシってやるらしいわな。しばらく消毒せなあかんのやろ。」
「たいへんやな。痛そうや。」
「目の上から鼻から口から、いろいろおったな。」
「もうその話、やめとこら。心臓痛なってきたわ。手の先、血ぃ引けて冷たなってきた。」

「目の下がふっくらした人は人望が厚いって言うわな。」
「どれどれ、結構ふっくらしてるやん。Mr. N もそんな目ぇしてるわ。」
「リーダータイプやもんな。しっかりしてるし、人望厚いわぁ。あんたもちょっと膨らんでるやん。」
「ぼく昔こんなんと違ったけどな。ふっくらしてきたなぁ。よう笑うようになったからかもな。」
「ほんまやな。昔あんまり笑わんかったわ。笑っとったほうが人集まってくるわなぁ。」
「耳たぶはどうしたらええんやろな。」
「表情の問題と違うしな。遺伝やろか?」
「まぁ、貧乏でも、笑っとって人が集まってきたら、それでええんちゃう?」